きまぐれワンだ〜らんど
2019 / 01   «« »»
01
T
 
02
W
 
03
T
 
04
F
 
05
S
 
06
S
 
07
M
 
08
T
 
09
W
 
10
T
 
11
F
 
12
S
 
13
S
 
14
M
 
15
T
 
16
W
 
17
T
 
18
F
 
19
S
 
20
S
 
21
M
 
22
T
 
23
W
 
24
T
 
25
F
 
26
S
 
27
S
 
28
M
 
29
T
 
30
W
 
31
T
 
 
Pageview

Online Status

Profile
☆我が家のきまぐれフェアリーたち☆


Reo 【レオ】:2003.9.5生まれ♂

Roco【ロコ】:2004.5.31生まれ♀

Riz 【リズ】:2007.11.8生まれ♀
(レオとロコの愛娘、一粒種です)






O



・リズのお


 

~ハンドメイド~
  9/29  



My Yahoo!に追加



DLして観て下さいね。。。♪


Menu

RSS & Atom Feed
きまぐれワンだ〜らんど
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
レオ・ロコ・リズ日記
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
仕事・家族日記
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
今日の出来事
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
ログハウス日記
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
気になるあれこれ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
どーでもいいようなあれこれ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!
2008/06/18 :: お見舞い
リズが岸上獣医科病院に転院してから1週間になります。。。

毎日どんな風に過ごしてるのか心配はしなくても気になって仕方がありません。。。

[:ごはん:]は食べてるかなぁ、大人しくしていてくれてるかなぁ、取り越し苦労かもしれないけれど傍にいないリズのことが頭から離れません。。。


レオの時は2泊3日の短い期間でさえも顔を合わせると喜びや甘えを抑えきれなくてめいっぱい体で表現しながらも「なんでここに置いて行くの[:!:]」と睨みつけるような表情をして訴えるであろうと想像が出来たので窓越しに気づかれないようにそーっと覗き込んで様子を伺うだけの辛い、寂しいお見舞いでした。。。[:かなしい顔:]

リズは今までのお見舞いからも分かるようにそんなレオ以上にテンションが高いので動きを抑制するのは至難のワザです。。。

今日は、毎日毎日お見舞いに行きたいけれど行ける距離でもないのでそこをぐっとガマンしての1週間、久々にリズの顔を見てきました。。。

元気なリズの様子を目に浮かべながら実は迷っていました。。。

今が肝心な時、むやみに興奮させるのもいかがなものかと思いながらも身近でリズに会いたい気持ちが半分と、そーっと様子を伺う「レオ方式」にした方がいいのか・・・

そんなどっち着かずの気持ちのまま、院長先生がいらっしゃる午前中にその後のことも気になっていたので[:病院:]に向かいました。。。

受付で「お見舞いに来ました」と診察券を出して、しばらくすると案内してくれるスタッフの後を着いて行きながら病室に入ってしまったので、どっちつかずの気持ちはなし崩し的に身近でご対面することになってしまいました。。。

内心嬉しいような、でも反面大丈夫なのか心配でもある複雑な思いで、しばらくぶりのリズの元気さに戸惑いながらも顔をさすり、ペロペロ攻撃を受けながらホッと安心する瞬間でした。。。

入院中の食は相変わらず細いようなので、いつもの「うちごはん」を全てフードプロセッサーにかけて寒天を溶かして混ぜ、冷蔵庫で固めたものを食べやすいようにさいの目切りにして持って行きました。。。

!!$photo1!!
レオロコに試食をしてもらったら「Good、テイスト[:!:]」とは言わないけれど美味しそうに食べてくれたので大丈夫でしょう。。。3〜4食分位なのでその後また食べないことにならなければいいけどなぁ〜とそれも気がかりなことです。。。

[:病院:]の待合室でリズと同じように骨折した[:犬(プードル):]ーちゃんがいました。。。3歳の男のコ、ソファーの後ろ側からジャンプしたらしく行きつけの病院では手術が出来ないと他の病院で行ったもののやはり骨の生成が遅く、それが促されるまで待つ治療を選択されたようです。。。

それがいつの間にか既に自分で生成される力を失っていたようで、ようやく骨髄の幹細胞注入治療にこぎつけ遅いながらも骨が生成し始め喜んでいた時に、活発な男のコなので何かの拍子にピンが外れてしまい同じ右前足の違うところの骨を骨折してしまって、1箇所ではなく2箇所になってしまい再度骨髄治療を施しているということらしいのです。。。

何とも痛ましい出来事にお気の毒で返す言葉もありません。。。2次的事故のことも十二分に考え、気をつけないといけないってことなんですね。。。

まだ骨折治療の最中ながら既に8ヶ月にも及んでいるとのこと、費用も治療日数も半端じゃない状況で一日も早く良くなるようにと願っておられる様子でした。。。ヒトゴトではないので頑張って乗り越えて頂きたいと思いました。。。

只今、リズの骨髄の幹細胞を培養しているところだそうです。。。個体差があるようなので培養には少し時間がかかりそうです。。。

今日のレントゲンの様子から、しゃ骨(補助骨と言っていましたが)は1週間前より更に太くなってくっつき方も上々ですが、肝心要の骨に何か良い変化が起こってくれているかと期待を込めて撮って頂いたようですが変化は見られませんでした。。。

!!$photo2!!

「慌てる乞食は貰いが少ない」
(あわてることは失敗のもと)と、
ことわざにもあるように、リズの場合は長い目で見守るしかなさそうです。。。



all photo

Recent Diary

«« 手作りキット、7月編♪+Birthday | main | 暑中お見舞い申し上げま〜す♪ »»
«« カテゴリ内前記事(何が起こってんだか・・・) | 気になるあれこれ | カテゴリ内次記事(いくつになってもすっきゃね〜ん♪) »»
2011/07/31
やっぱりこんなことに・・・




<衆議院厚生労働委員会は、東京電力福島第一原発の事故を受けて、放射線の健康への影響について専門家から参考人質疑を行い、この中では、周辺住民に放射線に対する理解を深めてもらうことが重要だという意見や、放射線の影響を受けやすい子どもの安全を守るよう求める要望などが出されました。>
<東京大学先端科学技術研究センター教授の児玉龍彦氏は「放射線による障害を考えるときは放射線の総量を見るが、政府や東京電力からは今回の福島第一原発から出た放射線の総量がどれくらいであるかはっきりした報告がない。放射線は幼い子どもにとって非常に危険で、政府は子どもを守るために全力を尽くしてほしい」と述べました。>

とても大きな問題なのにいつもあやふやで何が正しくて何が間違ってるのかがわからない不安な気持ちのまま自主的避難で責任逃れされたのではたまったものではありません。。。

政府の言いなりな御用学者でないだけに真実味と信用性が高いと感じました。。。

目が離せなくてじっと見入ってしまい、本当はそーだったのかと悔し涙があふれ泣いてしまいました。。。

先生のおっしゃるとおり1日も早い政府の対応を望んで止みません。。。

【追記1】パパさんにも上記の映像を観て欲しかったので『たかじんのそこまで言って委員会』(大阪では日曜日の13:30〜15:00放送)を観終わってからと思っていたら、ナント今まで観れていた映像が『利用規約に違反』するなんてことで削除されてしまいました、まさか今の今まで観れてたのに、真実を語ると違反なのですか、なんで!?。。。

最近列車事故を起こして隠蔽の為埋めようとしたお国柄と同じく何らかの圧力がかかったとしか思えないことに驚愕・・・とうとう日本も資本主義なのに共産主義的政治がまかり通っているのかと思うとかなりショックです。。。

【追記2】少し短くなっているようですが探してみると映像がありました、よかった。。。

posted at 2011/07/31 16:09:50
lastupdate at 2011/08/25 8:42:15
修正