きまぐれワンだ〜らんど
2018 / 07   «« »»
01
S
 
02
M
 
03
T
 
04
W
 
05
T
 
06
F
 
07
S
 
08
S
 
09
M
 
10
T
 
11
W
 
12
T
 
13
F
 
14
S
 
15
S
 
16
M
 
17
T
 
18
W
 
19
T
 
20
F
 
21
S
 
22
S
 
23
M
 
24
T
 
25
W
 
26
T
 
27
F
 
28
S
 
29
S
 
30
M
 
31
T
 
 
Pageview

Online Status

Profile
☆我が家のきまぐれフェアリーたち☆


Reo 【レオ】:2003.9.5生まれ♂

Roco【ロコ】:2004.5.31生まれ♀

Riz 【リズ】:2007.11.8生まれ♀
(レオとロコの愛娘、一粒種です)






O



・リズのお


 

~ハンドメイド~
  9/29  



My Yahoo!に追加



DLして観て下さいね。。。♪


Menu

RSS & Atom Feed
きまぐれワンだ〜らんど
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
レオ・ロコ・リズ日記
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
仕事・家族日記
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
今日の出来事
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
ログハウス日記
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
気になるあれこれ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
どーでもいいようなあれこれ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!
2008/04/08 :: 「愛犬家住宅プランニングガイドブック2008」


先月の3月20日に「愛犬家住宅プランニングガイドブック2008」が発刊されました。。。業界初らしく携わる業界向けのバイブルのような感じではありますが、造りたい側にしても待望の1冊になりました。。。[:うれしい顔:]

!!$photo1!!
現在の我が家は中堅ハウジングメーカーの注文住宅で、2001年1月に完成し、今年で7年目になりました。。。[:にこにこ:]

独立して仕事を始めた3年目で22年間住んでいたマンションでは何かにつけ不都合を感じるようになって一戸建て[:家:]を建てざるを得ませんでした。。。ところがなんということでしょう、信じられないタイミングでマンションの売却が決まり、建つまでの間の仮住まいをしないでスムーズに入居出来たこと、住宅ローン借り入れも仕事の実績が不十分ながらも「ローン」が組めたこと等々が寸分の狂いも無く歯車が噛み合った奇跡を感じずにいられませんでした。。。[:びっくり:]

待ったなしの一戸建て[:家:]でも二度とないチャンスに変わりはないので「建物探訪」を興味シンシンで観ていた頃、将来そんな時期がくれば建築家の先生にお願いして思い通りの[:家:]を建て住みたいと思っていました。。。ところが切羽詰ったこの状況では建築家の先生にお願いするなんてことは無理な話です。。。[:涙ぽろり:]

当時注目されていた外断熱住宅にしたくても建築条件付ではそれも叶わず予算の壁にも阻まれながら努力はしたつもりでも限界を感じてしまいました。。。思うように行かない状況の中で出来る範囲で精一杯自己主張したつもりなのでそれなりに満足のいく[:家:]にはなりました。。。[:にこにこ:]

こだわり始めると叶えたいイメージを伝えるため、あらゆる情報を雑誌や本から切り抜いて集めては見せることで分かって貰うことに精を出しました。。。[:力こぶ:]

思い入れがありながらも当時は[:犬(プードル):]を飼うことが具体的に決まっていなかったので、そのための家造りに思いを馳せることはありませんでした。。。[:失敗:]

その2年後にレオ、その8ヶ月後のロコとの生活の中で比較的小柄であっても狭いリビングを走り回る活動的な動き[:ダッシュ:]は障害物がありすぎて危なっかしい、ブリーダーさんいわく「おうちの中での運動量で充分足りている」とは言え見ていて何か物足りなさを感じていました。。。[:しょぼり:]

だからこそ「ドッグラン」や「海とのふれあい広場」に何度となく連れて行っては走らせたり遊ばせながらもしばしば制限を感じてしまうこともあって2〜3年前から「プライベートドッグラン」があったらいいなぁ〜との思いから、どーしても欲しい[:!:]との思いに変わって来ました。。。[:光るハート:]

レオロコリズの「プライベートドッグラン」を造りたい以外、土地には全く興味は無いので、その思いだけで土地を探すなか、更に夢が膨らんでセカンドライフのことを考えるようになりました。。。[:てれてれ:]

この「愛犬家住宅プランニングガイドブック2008」の実例編ではそれぞれが個性的な[:家:]造りをされているので愛犬家にとってはとても参考になると思います。。。[:目がハート:]

!!$photo2!!
そんな[:家:]を建てたい、リフォームをしたいけどどのようにすればいいのか分からない、共存する空間をより快適に過ごせる[:家:]にしている実例があるのなら見て参考にしたいと思っている愛犬家の人たちは多いのではないのかぁ〜。。。[:OK!2:]

プランを自分なりに考えても細かいところまで気が回らなかったり、自分だけのアイデアやこだわりが相応しいのかどうなのかさえ、分からないこともたくさんあるので、是非参考にしていいとこ取りで夢を実現させたい思いが沸々と湧き上がって来ていま〜す。。。[:うれしい顔:][:チョキ:]

詳しいことはまたの機会に・・・





all photo

Recent Diary

«« 平和で明るい、幸せな1年でありますよーにっ。。。♪ | main | 硬貨募金 »»
«« カテゴリ内前記事(☆ラブリーペアマスコット、くまっち♪) | 今日の出来事 | カテゴリ内次記事(硬貨募金) »»
2012/01/09
仕事初めの日に・・・


・・・逝っちゃいました。。。

あっけないもんですね。。。

釈然としない思いがあってもこれが運命なのかも知れません。。。

大晦日の日、お世話になっている老人健康保険施設でカラオケの順番待ちをしていざ自分の番が回って来たと思った矢先突然の悪寒に身体がブルブル震えたと言います。。。

この時40℃近い熱があって肺炎の恐れありと提携病院に搬送されるかと思いきや空きがないので別の救急病院に搬送され、あくる日には既に熱も下がり体調も上々である事を確認して2日にお見舞いに行きました。。。

元気にしっかりした口調でその時の様子を話しながら、カラオケで歌い損ねた歌をここぞとばかり歌い始める程よくしゃべって笑っていましたから新年の挨拶もそこそこに2時間程時間の経つのも忘れて話し込んでしまいました。。。

回復も早いのですぐにでも老人健康保険施設に帰りたいと望んでいましたからそう遅くない時期に戻れるものと思っておりました。。。

看護師さんが、気にすることも無いようなホンのちょっとだけオシッコに血が混じっているのでその検査を4日に行う予定になっていると伝えてくれましたので安心してその日は母親の家へ向い新年の挨拶とその時の様子等々を伝えました。。。

緊急入院した病院が我が家から近いところにあって食事用にと買ったプラスチックのスプーンとフォークが折れてしまったので先が金属の小さめのスプーンとフォークがあったら届けて欲しいとの母親の依頼を受けて可愛い赤色のスヌーピーのケースに入ったセットものがあったので届けに行ったのが4日の朝でした。。。

4人部屋の病室に移って入り口側のベットに気持ちよさそーにいびきをかいて寝ていた父親を起こす程のこともないのでナースステーションでその旨を伝えて帰りました。。。

仕事始めと言うこともあって電話も比較的多かったので今年は出足がいいのかなぁ〜なんて喜んでいたその夜食事が済んだ7時30分過ぎに母親から病院から危篤状態の連絡が入ったと言うのでアルコールが入っている自分たちは慌ててタクシーを呼んで飛んで駆けつけました。。。

もうその時は人口呼吸器をつけ看護師さんが心臓マッサージを続けている真っ最中でした。。。

話によるといつものように夕飯を済ませ2時間が経過した頃オムツを替えに回った時点で呼吸が停止しているのを発見、慌てて処置を施した後心臓マッサージを続けてはいるもののもはや自力では呼吸は出来ていないことを告げられ言われるまでもなく既に心臓マッサージだけの反応であることは見ていてわかります。。。

しかしまだ家族がみんな揃っていなかったこともあって心臓マッサージを続け呼びかけたり身体をさすったりしながら何とか反応することを期待しましたがもうそれも限界の域だと悟らされみんなが揃ったところで心臓マッサージを止めて頂きました。。。

2012年1月5日午後9時25分享年87歳、安らかで穏やかな永眠に着きました。。。

そして6日は仮通夜、7日が本通夜、8日は告別式と慌しくも滞りなく進められ全て無事終了致しました。。。

あんなに元気だったのに、老健施設に戻りたがってたのに、カラオケの音程も確かだったのに、歌もうまかったのに、歯が丈夫で硬いかりんとうを食べたがってたのに、前向きに自分でリハビリに励んでいたのに、まさかこんなに早く逝くとは・・・正直思ってもいませんでしたからあっけにとられて呆然、涙も出ません、出るのはため息ばかりです。。。

好き勝手な人生を送れてしあわせだったでしょうに、ねっ!
枕元に貼るきまぐれたちのカレンダーを楽しみにしてたのにねっ!
怖いばっかりで大嫌いだったけど何よりも自立心を養えられたのはそんな父親の元で育ったおかげだと今では逆に心から感謝しておりますっ。。。

おとーさん、ありがとぉ〜元気で待っててねっ、でもホント言うともちょっと生きたかったんじゃないのーーっ、だよねぇ。。。


posted at 2012/01/09 9:32:46
lastupdate at 2012/01/09 9:32:46
修正