きまぐれワンだ〜らんど
2018 / 11   «« »»
01
T
 
02
F
 
03
S
 
04
S
 
05
M
 
06
T
 
07
W
 
08
T
 
09
F
 
10
S
 
11
S
 
12
M
 
13
T
 
14
W
 
15
T
 
16
F
 
17
S
 
18
S
 
19
M
 
20
T
 
21
W
 
22
T
 
23
F
 
24
S
 
25
S
 
26
M
 
27
T
 
28
W
 
29
T
 
30
F
 
 
Pageview

Online Status

Profile
☆我が家のきまぐれフェアリーたち☆


Reo 【レオ】:2003.9.5生まれ♂

Roco【ロコ】:2004.5.31生まれ♀

Riz 【リズ】:2007.11.8生まれ♀
(レオとロコの愛娘、一粒種です)






O



・リズのお


 

~ハンドメイド~
  9/29  



My Yahoo!に追加



DLして観て下さいね。。。♪


Menu

RSS & Atom Feed
きまぐれワンだ〜らんど
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
レオ・ロコ・リズ日記
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
仕事・家族日記
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
今日の出来事
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
ログハウス日記
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
気になるあれこれ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
どーでもいいようなあれこれ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!
2008/05/26 :: 再び・・・入院(T_T)
ふぅ〜っ。。。

深く息を吸い込み
気持ちを落ち着かせようと吐き出した
大きなため息。。。

4月26日に骨折の手術をしてから今日で1ヶ月になりました。。。

術後2週間を自宅でリハビリ、その回復状態を[:病院:]で診察して頂く日が今日でした。。。

順調に回復に向かっているものと思って内心今日の日を待ち望んでいました。。。起きて欲しくなかった出来事だけど、起きてしまった以上出来るだけ早い回復を願って頑張って来たつもりでした。。。

!!$photo1!!
ただ、自宅での2週間は入院していた2週間とは違い、リズにとっても家族にとっても安心や甘えがあったのかも知れません。。。かなり気をつけて対応していたつもりでもレオロコの存在や遊びたい思いが自由にならない環境では不満もあったに違いありません。。。

行動範囲を狭めて小さめのスケルトンサークルの中でもじっとしているはずもなく、時にはバッタンバッタン階下に響くほどの騒ぎようには呆れることも度々でした。。。それも元気があればこそなせることと信じて疑わず、回復のバロメーターだと思っていました。。。

[:ごはん:]もしっかり食べてくれて何かしら回復の手ごたえを感じていただけに今日のレントゲン結果はかなりショックなことでした。。。

レントゲンを見る限り骨がくっついていない、生成していない、到底ピンが外せない状況なのです。。。大体1ヶ月もすれば骨折した部分が太くなって連結するはずが、辛うじて骨は細くなってはいないにしても現状、術後の状態と殆ど変っていないということです。。。

!!$photo2!!
まさか・・・そんなことってあるの[:!?:]期待が大きかっただけに肩の力が抜けて、言葉を失ってしまいました。。。確かにそんなに簡単でないことは想像はできても、少しぐらいいい方向に変化があってもいいようなのにと思えば思うほど体中の力が抜けてしまいそうになりました。。。

何にも出きてなかった自分の無力さが情けない・・・

小さい[:犬(プードル):]の骨折はなかなか骨が思うように生成されにくいこともあってかなり難しいことも説明されました。。。2週間自宅での療養が適切でなかったのならリズの環境を変えなければ同じように2週間をただ過ごすのでは意味がないように思い、辛くても再度入院させることにしました。。。

だからといって必ず骨が生成するとは言い切れないとのこと、自宅では最小限にリズの動きを制限したつもりでも限界が、それが理由で骨の生成を妨げられているのであればより制限された[:病院:]に託すしか方法はありません。。。それでも個体差があると言われればかなり不安ですがその時には新たに他の方法を考えるしかありません。。。

出来るだけ最短で良くなって欲しいと思っていたのに返って自宅でのリハビリが意味を成さなかったと思うとそのまま引き続き入院させていた方が良かったのではなかったのかと今更ながらに思い悔やんでも後悔先たたずです。。。

!!$photo3!!
一番辛いのはリズなのに、可哀想なことをしてしまいました。。。[:かなしい顔:]


all photo

Recent Diary

«« お揃い春服・・・2/6 | main | 悔恨の思いに苛まれて・・・ »»
«« カテゴリ内前記事(「愛犬家住宅プランニングガイドブック2008」) | 仕事・家族日記 | カテゴリ内次記事(今年こそ、オリジナルカレンダー♪) »»
2008/04/23
夢に向かって・・・


080423_8.JPG先日の日曜日 (20日)は、前日までの不安定なお天気とはうってかわって朝から気持ちのよい晴天でした。。。もう10日ほど前から、この日のお天気がよくなってくれることを祈っていました。。。ゴメンお願い

その理由はお目当ての建築家、M先生がドッグラン予定地の現場視察の為、東京からお出で頂く約束の日だったからでした。。。うれしい顔

080423_3.JPG2月末頃に「ペットと住まう家」のHPから「お気軽にご相談を・・・」の言葉にずうずうしくもメールを送ったところお返事を頂き、BS放送やDVDで先生の作品をご紹介頂いたりして数回のメールのやり取りを通じて今回、正式にご依頼申し上げることになりました。。。

実はM先生のお名前は、2006年発刊の「プードルカフェ3」で、ペットと住まうおうちを建てる専門の建築家さんがいることを初めて知ってから頭の片隅にありました。。。まさかご依頼出来る今日の日が来るなんて夢にも思っていませんでしたがそれだけでも夢のようなお話です。。。目がハート

夢に向かって・・・   夢に向かって・・・

専門的なお立場から現地を見て頂き、レオロコリズのやんちゃたちも一緒だったので落ち着いてお話しするところを探すより、むさくるしくても我が家に来て頂いて具体的なイメージを聞いて頂くことにしました。。。思う存分お金の計算なしに好き勝手な要望をぶつけましたので、どれくらいの資金が必要なのかも気になります。。。わからん

080423_4.JPGその前にイメージ通りの目で見て分かるおうちの模型を作って頂けるそうで、かなり楽しみです。。。それもGW明けに出来上がるらしいのですが、それはあくまでもとっかかりの模型なので、ドンドン変わっていくらしいのです。。。どれくらいの期間を要するものなのかお尋ねしてみるとおおむね来年の今頃になるのではないかとのことです。。。多分スムーズに行けばのことでしょうけれど・・・びっくり

080423_5.JPG現地の様子を見られての先生のご感想は今まで扱った物件のなかでも5本の指に入るくらいのいいところだとお褒めのお言葉を頂きました。。。勿論周辺の環境も含めてのことでしょうけれど・・・現地の画像はその以前から見て頂いていても実際の方がかなりいい場所だったようです。。。専門家の先生にそう言われて只々喜ぶばかりなのですが、確かに朝方早い時間に雲海を望める時があるとお隣の方がおっしゃっておられたくらいの景色や見晴らしはとても素晴らしいところのようです。。。うれしい顔

080423_7.JPG最初は資金的なこともあるので「ドッグラン」を先に作る計画でしたが、13日に住宅メーカーのモデルハウスを見に行った時の話の中で、住宅ローンやセカンドハウスローンが使えるかも知れないということを知って調べてみるとそんなのがあるんですねぇ〜にこにこ


結局、今より歳を重ねてからでは遅い感じがしたので、パパさんに相談したところ同じようなことを思っていたらしくそれならいっそ「セカンドハウス&ドッグラン」をワンセットで作ろうということになった訳で、今しかないと意見が一致しました。。。てれてれ

夢に向かって・・・

まずは夢の方向に向かって、一歩を踏み出したところかもですね。。。これからいろいろと起こるであろう難関を突破しながら着実に歩みを進めて行きたいと思っていますが、さてどうなることやら・・・青ざめ


posted at 2009/02/07 18:17:09
lastupdate at 2009/02/07 18:17:56
修正