きまぐれワンだ〜らんど
2008 / 05   «« »»
01
T
02
F
 
03
S
 
04
S
 
05
M
06
T
 
07
W
 
08
T
 
09
F
 
10
S
 
11
S
 
12
M
13
T
 
14
W
 
15
T
 
16
F
 
17
S
 
18
S
 
19
M
 
20
T
 
21
W
22
T
 
23
F
 
24
S
 
25
S
 
26
M
27
T
 
28
W
 
29
T
 
30
F
 
31
S
 
Counter
total : 544846
yesterday : 031 / today : 022

Online Status

Profile
☆我が家のきまぐれフェアリーたち☆


Reo 【レオ】:2003.9.5生まれ♂

Roco【ロコ】:2004.5.31生まれ♀

Riz 【リズ】:2007.11.8生まれ♀
(レオとロコの愛娘、一粒種です)






O



・リズのお


 

~ハンドメイド~
  9/29  



My Yahoo!に追加



DLして観て下さいね。。。♪



☆音量に気をつけてくださいね。。。
きまぐれワンだ〜らんど
Menu

RSS & Atom Feed
きまぐれワンだ〜らんど
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
レオ・ロコ・リズ日記
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
仕事・家族日記
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
今日の出来事
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
ログハウス日記
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
気になるあれこれ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
どーでもいいようなあれこれ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!
2008/05/21 :: こんなステキなおうちプラン〜♪
リズも自宅療養を始めてようやく3週間が過ぎ4週間目に入りました。。。危なげにも孤軍奮闘しながら暴れん坊リズをすかしなだめる毎日です。。。やっぱりお腹がすくと一段と凶暴になるリズなので[:ごはん:]が一番の「お薬」のようです。。。
このところの爆弾大暴れ度は不自由な環境で抑制された思いも加勢して「このリズ凶暴なり」で[:星2:][:星2:][:星2:][:星2:][:星2:]。。。

4月20日に前田敦建築士先生にドッグラン&セカンドハウス予定地を見ていただいてから1ヶ月が経った先日の18日、おおむね夢のセカンドハウス案の設計図と模型を創ってお持ち頂きました。。。(ひとまず手初めの模型なのでこれから変更や修正が行われて正式な形になっていくようです)

!!$img1!!     !!$img2!!
建物の形状と骨組み、各部屋の配置が一目瞭然、平面が立体になるとこんなに見やすく分かりやすくなるものなのかと驚きと感動でいっぱいでした。。。細やかな作業をして頂いたおかげ様で乏しい想像力も豊かにさせて頂いた思いです。。。

   
大まかな概算見積書も頂いたのでおぼろげながらも手持金から借入額や返済プラン、その他別途必要な費用等々のそろばんも弾けました。。。

自分たちド素人が思っていたイメージの単純な大屋根ではなく、個性的なデザインで斬新なコの字型の建て方はもちろん、お隣さん家との関係等の配慮もして頂いてのステキなハウスプランです。。。

先生がイメージされたセカンドハウスのテーマは「回遊する家」で、その名の通り[:犬(プードル):]たちには都合よく自由に走り回れ、遊べる創りになっています。。。

室内のドッグハウスからスローブで中庭に出て、デッキテラスの下を潜り抜けドッグランに直行出来るので思う存分暴れても大丈夫、好きなだけ自由を堪能出来たり、興味シンシンいろんなところの探索も出来たりするので楽しく過ごせるに違いないと思います。。。

そして嬉しいことに足洗い場がミニプールにもなるので水が苦手な[:犬(プードル):]たちが慣れてくれることを期待してこれも楽しんで貰いたいですね。。。

予算の関係もあり広く大きくなくても、希望通りこじんまりとまとまりがあって小さいながらも大きく感じるような要望をしっかり取り入れて頂いて中身の濃い仕様になっていることがとてもありがたくて嬉しく感じています。。。

お庭のドッグランは天然芝を敷き詰めてアクセントに波渦イメージの緩やかな段差のあるデザインになっているので、走っている姿を想像しても手前味噌ですが絵になるような何気に優雅さを感じさせてくれるであろうところがなんとも嬉しい限りです。。。早くそんな姿を見てみたぁ〜い。。。

その為に1日も早くリズの回復に努めながら、近い将来叶うであろうセカンドハウスの模型を何度も眺めながら目を細めては想像に浸っているこの頃です。。。

少しずつ良い方向に動き始めているようなので[:力こぶ:]が湧いてきます。。。

がんばろぉ〜っと・・・[:パンチ:]
!!$photo3!!
(リズたん、早くよくなろぉ〜ねぇ〜。。。)
「アルプスの少女ハイジ」風のおうちになるのは全て出来上がってからそれに近い外観になるのかなぁ〜なんてドキドキワクワクです。。。それにしても形がレトロでないことだけは確かで〜す。。。[:ドキドキハート:]

まずは地盤調査から始まるようで〜す。。。[:ダッシュ:]


all photo

Recent Diary

2008/05/31


昨日の朝方まどろみの中、寝返りをうちながらぼぉ〜っとした頭で

『明日はロコのお誕生日やなぁ。。。もう、4歳かぁ〜。。。人の歳でいうといくつになるんやろぉ〜。。。レオの時も同じこと考えてたっけ。。。1歳で18歳、その後4歳ずつ加算されるんやったら2歳で22歳、3歳で26歳、4歳で30歳・・・芸能人やったら誰がこの歳なんやろぉ〜』

ロコ・・・4歳のお誕生日

全く夢を見なくなって睡眠を妨げられることもなく朝方までぐっすりで、僅かながらのノンレム状態になると大概どうでもいいようなことを考えたり、思い出したりすることが多くても、最近は必ずリズが早く良くなりますようにと繰り返し祈ってしまいます。。。

時が経つのは早いものでいつまでもおチビさんだったはずのロコが、いろいろありながらもリズのママになりました。。。

080531_3.JPG080531_2.JPG人の歳で30歳ならもう十分オトナ、ロコもりっぱに女性!?なぁ〜んて信じられないわぁ。。。無駄吠えは治ってないしぃ〜・・・

不思議にもリズが留守なのに寂しがることもなく、ロコも日頃からリズのお転婆ぶりには手を焼いていたからなのか、レオとの穏やかな時間を取り戻せたかのように落ち着いて過ごしています。。。

080531_5.JPG080531_4.JPGリズが小さい頃は片時も傍から離れたがらなかったロコなのにリズの成長と共に自分の手から離れたものと認識しているのかなぁ〜。。。一緒に居れば遊びもじゃれあうこともしますが、いないコトをどう理解しているのかロコママの気持ちを聞いてみたい気もします。。。

毎年のお誕生日のように「お誕生日服」を作って、ご馳走を作ってお祝いするつもりでした。。。今年のお誕生日服のデザインは一応考えてはいても気持ちが集中出来なくて作れなかったので「春のお揃い服」の中の1枚で間に合わせることにしました。。。

ロコ・・・4歳のお誕生日

ご馳走は好物の3品ぐらいで簡素に行おうと思って作り出したら5品 (定番モノもあり)になってしまい、大したものはありませんが喜んで食べてくれるのでダイエットを気にしながらも折角のお誕生日祝いなので今日1日は解禁ということにしま〜す。。。

080531_riz.jpg本当ならみんな揃ってお祝い出来ればよかったけれど、リズがいなくて物足りなくてもロコママ4歳のオトナになりました。。。ロコには空気が読めて何となく状況を把握したり理解出きていたりするのかなぁ〜。。。リズのお見舞いに病院に行くことはレオロコ共々分かっているようです。。。

080531_8.JPGリズにもご馳走のおすそ分けをして来ました。。。1日中、止むなくお利巧にしているので箍が外れたかのように我がまま気ままを体中で表現します。。。食べることは二の次で落ち着くまで時間がかかるので持っていったごはんの半分も食べれなくてお腹が空くどころか何でココに閉じ込められているのかを問いただされているかのようなうめき声をあげられてしまいます。。。動かないから食欲も湧かないのか小食気味なのは明らかです。。。リズの食欲が不規則なので持参したごはんを預けてお腹が空く時間に与えて貰うようにお願いしています。。。

ロコ・・・4歳のお誕生日

2008年、4歳ロコお誕生日リズが頑張っている、忘れられないお誕生日になりました。。。

posted at 2008/05/31 23:11:35
lastupdate at 2008/05/31 23:11:35
修正
 
2008/05/26


(1)080324_5.JPG
ふぅ〜っ。。。

深く息を吸い込み
気持ちを落ち着かせようと吐き出した
大きなため息。。。


4月26日に骨折の手術をしてから今日で1ヶ月になりました。。。

術後2週間を自宅でリハビリ、その回復状態を病院で診察して頂く日が今日でした。。。

順調に回復に向かっているものと思って内心今日の日を待ち望んでいました。。。起きて欲しくなかった出来事だけど、起きてしまった以上出来るだけ早い回復を願って頑張って来たつもりでした。。。

再び・・・入院(T_T)

ただ、自宅での2週間は入院していた2週間とは違い、リズにとっても家族にとっても安心や甘えがあったのかも知れません。。。かなり気をつけて対応していたつもりでもレオロコの存在や遊びたい思いが自由にならない環境では不満もあったに違いありません。。。

080329_15.JPG行動範囲を狭めて小さめのスケルトンサークルの中でもじっとしているはずもなく、時にはバッタンバッタン階下に響くほどの騒ぎようには呆れることも度々でした。。。それも元気があればこそなせることと信じて疑わず、回復のバロメーターだと思っていました。。。

ごはんもしっかり食べてくれて何かしら回復の手ごたえを感じていただけに今日のレントゲン結果はかなりショックなことでした。。。

レントゲンを見る限り骨がくっついていない、生成していない、到底ピンが外せない状況なのです。。。大体1ヶ月もすれば骨折した部分が太くなって連結するはずが、辛うじて骨は細くなってはいないにしても現状、術後の状態と殆ど変っていないということです。。。

再び・・・入院(T_T)

まさか・・・そんなことってあるの!?期待が大きかっただけに肩の力が抜けて、言葉を失ってしまいました。。。確かにそんなに簡単でないことは想像はできても、少しぐらいいい方向に変化があってもいいようなのにと思えば思うほど体中の力が抜けてしまいそうになりました。。。

(1)080419_12.JPG何にも出きてなかった自分の無力さが情けない・・・

小さい犬(プードル)の骨折はなかなか骨が思うように生成されにくいこともあってかなり難しいことも説明されました。。。2週間自宅での療養が適切でなかったのならリズの環境を変えなければ同じように2週間をただ過ごすのでは意味がないように思い、辛くても再度入院させることにしました。。。

だからといって必ず骨が生成するとは言い切れないとのこと、自宅では最小限にリズの動きを制限したつもりでも限界が、それが理由で骨の生成を妨げられているのであればより制限された病院に託すしか方法はありません。。。それでも個体差があると言われればかなり不安ですがその時には新たに他の方法を考えるしかありません。。。

出来るだけ最短で良くなって欲しいと思っていたのに返って自宅でのリハビリが意味を成さなかったと思うとそのまま引き続き入院させていた方が良かったのではなかったのかと今更ながらに思い悔やんでも後悔先たたずです。。。

再び・・・入院(T_T)

一番辛いのはリズなのに、可哀想なことをしてしまいました。。。かなしい顔

posted at 2008/05/26 22:48:24
lastupdate at 2008/05/26 22:48:24
修正
 
2008/05/21


080520_2.JPGリズも自宅療養を始めてようやく3週間が過ぎ4週間目に入りました。。。危なげにも孤軍奮闘しながら暴れん坊リズをすかしなだめる毎日です。。。やっぱりお腹がすくと一段と凶暴になるリズなのでごはんが一番の「お薬」のようです。。。
このところの爆弾大暴れ度は不自由な環境で抑制された思いも加勢して「このリズ凶暴なり」星2星2星2星2星2。。。

4月20日前田敦建築士先生ドッグラン&セカンドハウス予定地を見ていただいてから1ヶ月が経った先日の18日、おおむね夢のセカンドハウス案の設計図と模型を創ってお持ち頂きました。。。(ひとまず手初めの模型なのでこれから変更や修正が行われて正式な形になっていくようです)

こんなステキなおうちプラン〜♪     こんなステキなおうちプラン〜♪

建物の形状と骨組み、各部屋の配置が一目瞭然、平面が立体になるとこんなに見やすく分かりやすくなるものなのかと驚きと感動でいっぱいでした。。。細やかな作業をして頂いたおかげ様で乏しい想像力も豊かにさせて頂いた思いです。。。

080520_7.JPG   080520_3.JPG

大まかな概算見積書も頂いたのでおぼろげながらも手持金から借入額返済プラン、その他別途必要な費用等々のそろばんも弾けました。。。

080520_4.JPG自分たちド素人が思っていたイメージの単純な大屋根ではなく、個性的なデザイン斬新なコの字型の建て方はもちろん、お隣さん家との関係等の配慮もして頂いてのステキなハウスプランです。。。

先生がイメージされたセカンドハウステーマ「回遊する家」で、その名の通り犬(プードル)たちには都合よく自由に走り回れ、遊べる創りになっています。。。

080520_5.JPG室内のドッグハウスからスローブで中庭に出て、デッキテラスの下を潜り抜けドッグランに直行出来るので思う存分暴れても大丈夫、好きなだけ自由を堪能出来たり、興味シンシンいろんなところの探索も出来たりするので楽しく過ごせるに違いないと思います。。。

080520_9.JPGそして嬉しいことに足洗い場がミニプールにもなるので水が苦手な犬(プードル)たちが慣れてくれることを期待してこれも楽しんで貰いたいですね。。。

080512_6.JPG予算の関係もあり広く大きくなくても、希望通りこじんまりとまとまりがあって小さいながらも大きく感じるような要望をしっかり取り入れて頂いて中身の濃い仕様になっていることがとてもありがたくて嬉しく感じています。。。

080520_11.JPGお庭のドッグランは天然芝を敷き詰めてアクセントに波渦イメージの緩やかな段差のあるデザインになっているので、走っている姿を想像しても手前味噌ですが絵になるような何気に優雅さを感じさせてくれるであろうところがなんとも嬉しい限りです。。。早くそんな姿を見てみたぁ〜い。。。

080520_10.JPGその為に1日も早くリズの回復に努めながら、近い将来叶うであろうセカンドハウスの模型を何度も眺めながら目を細めては想像に浸っているこの頃です。。。

少しずつ良い方向に動き始めているようなので力こぶが湧いてきます。。。

パンチ

こんなステキなおうちプラン〜♪
(リズたん、早くよくなろぉ〜ねぇ〜。。。)

「アルプスの少女ハイジ」風のおうちになるのは全て出来上がってからそれに近い外観になるのかなぁ〜なんてドキドキワクワクです。。。それにしても形がレトロでないことだけは確かで〜す。。。ドキドキハート

まずは地盤調査から始まるようで〜す。。。ダッシュ

posted at 2008/05/21 0:14:52
lastupdate at 2008/05/21 0:14:52
修正
 
2008/05/12


もう長袖は要らない初夏の気配さえ感じていたのに、なんと昨日、今日と肌寒い日が続いています。。。気温差が激しくて、さすがに暖房器具は収納してしまったものの思わず床暖をつけずにおれない程でした。。。雨風も強かった昨日に比べて今日は太陽でも空気が冷たいように感じます。。。

5日リズが退院して1週間になりました。。。

退院して1週間

今日はその後の状態を診察して頂くために病院へ行って来ました。。。


退院してからのリズは用意した「スケルトンサークル」から必要以外は外出禁止、許可が出る時はご同伴になるので今のところ一切リズには自由がありません。。。(唯一モーツアルトだけは自由に聞いてる!?それって強制びっくり

若干幅はあってもほぼ頭うちする位の高さなので多少騒いでも左足にダメージがないとは思いますが、動く度にエリカラーをぶつけるので可哀想でも、うっとおしそうでもここはグッとガマンのコでいないといけません。。。涙ぽろり

そんな狭い「スケルトンサークル」の中、足に負担がかからないようにバスタオルトイレシーツを半々のスペースに分けて敷いてもエリカラーが邪魔になってちゃんとトイレシーツの上にウンチやオシッコが出来なくて、バスタオルトイレシーツを分けてもグチャグチャになってることが多く、その意味のないことがわかりました。。。

退院して1週間

この状況ではそれも仕方がないのでバスタオルを全面に敷いた上にトイレシーツを敷いてみたりしながらいろいろその時々で思いついたことをやってはみていますがどーしても1日に4〜5回以上バスタオルをとっかえひっかえするので枚数が足りなくなってしまいました。。。

3/6リズ用)
080512_13.JPG

捨てるにはまだ勿体無いと思って取って置いた古いタオル地のダブルサイズのシーツをリメイクといっても切り刻んで裁ち目を縫うだけでタオルサイズにして枚数を増やしただけなんですが、何なりと使えるものですね。。。にこにこ

リズも思い通りにならなくてきっと歯がゆい思いでいるに違いないはず、幸いウンチはキレのいいパサパサ状なので今のところ汚れることがなくて喜んでいます。。。花丸

最初の頃はお腹が空くとキャンキャン鳴き叫んでいたのでごはんを与えると収まって大人しくしていたのが、この頃は誰よりも多くのごはんを毎食ペロリと平らげることから体力もついて騒ぎ方も激しくなってきました。。。この分だと順調に回復してくれそうでも元気のあまり二次的事故につながらないかとハラハラして見ています。。。あせあせ

レントゲンで骨の状態を確認すると、まっすぐゆがみもなく固定されているようで問題のない状態でした。。。まだ骨が生成しているところまでは確認出来ませんでしたがまずまず順調に回復しているようなので一安心です。。。ドキドキハート

先生いわく、これからが大変なのだそうで必ず骨折した足先が地に着いていることの確認と、痛みがなくなるとバンバンぶつけたりすることもあるらしいので要注意だということです。。。注意

皮肉なことに回復する元気は喜ばしく嬉しくても裏腹にその元気が仇にならないでくれることを祈るばかりです。。。ゴメンお願い

080512_21.JPG病院では今日、2週間分のお薬と新しく包帯を巻きなおして頂きました。。。

次は2週間後の、手術をして1ヶ月目となる26日の診察になります。。。

これまでどおり何事もなく順調な回復だけを、1日でも早く元のやんちゃくれリズに戻って元気に走り回ってくれることだけを望んでいます。。。

走り回ることだけを除けば今でも充分やんちゃくれリズに戻っています。。。

態度だけは誰よりもデカ〜イ、リズいつも元気印ですから・・・うれしい顔チョキ

退院して1週間

いちご


3/6レオロコ用)
posted at 2008/05/12 22:19:26
lastupdate at 2008/05/12 22:19:51
修正
 
2008/05/05


昨日、リズは無事に退院しました。。。新しいエリカラーと包帯を施してもらい、2週間ぶりに我が家に帰って来ました。。。

リズたん、おかえり。。。

骨折したところをレントゲンで確認した時には左足の上部だと思っていたのに、大きなギブスのようなものを外したら間接のすぐ下の部分でした。。。

レントゲンを逆さに見ていたのか、それほど落ち着きを失っていたのかよく覚えていません。。。

大きなギブスを外したら小さな固定器具がカバーをかけた状態で細い足に不自然にくっついているって感じです。。。痛々しいのは言うまでもありませんが、肩から足先までの被毛を剃られているのでモロに細さが強調されて更に可哀想な姿になっています。。。

リズたん、おかえり。。。

その姿とは裏腹に元気すぎて力強いリズを沈めるのに手こずりそうな予感さえしていますが、そうも言ってはおれません。。。

080505_3.JPG1週間余りの入院中は大人しくてお利巧にしていたらしくお褒めの言葉を頂きましたが、面会に行くと突然身内が来たからと大暴れするリズを落ち着かせるのに一苦労します。。。余り長い入院はストレスを感じさせるらしいので、早いうちにおうちでのリハビリに慣れて貰わないといけません。。。

狭い家の中で声の気配だけでも興奮してしまいそうなのでレオロコとはしばらく顔を合わせないようにしないと遊びたい気持ちに火をつけてしまいそうで、この環境に早く慣れて一緒に遊べるようになるまで耐えて貰わないと思いつつ、じっとサークルのなかではストレスも溜まりそう、それも不憫なので時折ダッコした状態でレオロコにご対面させています。。。

生まれた時はロコママと一緒に「3階暮らし」をしていましたが、今度はリズ「ひとり暮らし」、それも不自由な状態なので可哀想でも今は乗り越えないといけません。。。

骨折した左足の足先は床につけていないと骨は生成しないで細くなる一方なのだそうで必ず足先が着いているか確認しないといけないそうです。。。

足先を引っ掛けたりぶつけたり跳ねたりNGなのでサークルもそれように極力網目が無いものを用意しましたが、一部の網目部分は目隠しをしてショーケースのようなものに作り変えて念には念を入れ、あえて窮屈な状況にしました。。。

リズたん、おかえり。。。

そんななかでもごはんはしっかり食べてくれるのでそれだけでも救いです。。。
回復を早める為には毎日のことですから大切なことです。。。

080505_2.JPGまずは1ヶ月、これからまだまだ長いリズの人生、じゃないワン生、無かった方がよかったことでも、起こってしまったことのやり直しには短い期間だったと思える時が必ず来ると信じて、二度とこのようなことが起きないようにより一層気をつけたいと思います。。。そのためにもしっかり治してあげたい・・・

パパさんいわく、仕事で忙しい時でないことだけでも不幸中の幸い、何かの暗示なのか我が家はGWに見放されたような昨年と今年2年続きでよいことがありません。。。

じっとしていないといけない時間(とき)なのかも知れませんね。。。


posted at 2008/05/05 11:43:21
lastupdate at 2008/05/05 11:43:21
修正
 
2008/05/01


先月の23日リズの左前足の上部分の骨が折れてしまいました。。。

すべて私の不注意で起こった想定外のとんでもない出来事でした。。。大変なことになってしまいました。。。

今までこんなに虚脱感を感じたことはながかった位、ショックが大きくてブログも更新する気力さえ失ってしまいました。。。

手術までの日々を振り返っては涙ばかりで胸苦しく、26日の手術を待ちながら心配がピークに達しては涙が耐えない数日間、辛い苦しい日々でした。。。

その心情を汲んで頂いたのか、手術の開始と終わりを先生から直々に連絡を頂き、無事に終えたことにホッと胸をなでおろす瞬間でした。。。夜の12時間近でした。。。

リズの入院を余儀なくされてから、普段から食べているフードも届ける必要があって手作りごはんをどれだけ理解して貰っているのかが分からない以上、一応非常用の「ドクターズサポート」 (須崎動物病院のフード)を託しました。。。骨折前のリズは好き嫌い無しに食べてくれていたので、それを期待して預けました。。。

当初は食欲も衰えず食べてくれていたようで安心していましたが、少しずつ食べる量も半分で納まってしまって、運動量に関係するのかも知れません。。。

手術のあくる日から夕食は手作りごはんを持って毎日、面会に行っています。。。

いつものごはんなのでむしゃぶりつきますが、やっぱり食べる量は半分くらいで満足するようです。。。元気でよく動いていた時には全く足らない食事量だっただけに、早く元のリズに戻さなければと痛感しました。。。

退院の予定は4日の日曜日です。。。最低1ヶ月、完治は3〜4ヶ月はかかりそうです。。。エリカラーが邪魔でうっとぉしい気にしますが、リズは至って元気で力もあります。。。

しばらく傍にいなかったリズが不憫で、おうちへ戻って来るだけで充分気持ちは落ち着きますが、今回のことが必然であるならばその意味を考えながら「静の時間」を過ごすことに専念したいと思っています。。。

急がず、慌てず、リズの回復に努めます。。。

お揃いの春服も全て出来上がりましたが、リズだけはしばらくお預けですね。。。

レオロコには折をみて着せたいと思っています。。。

posted at 2008/05/01 23:50:25
lastupdate at 2008/05/01 23:50:25
修正