きまぐれワンだ〜らんど
2008 / 06   «« »»
01
S
 
02
M
 
03
T
 
04
W
05
T
 
06
F
 
07
S
 
08
S
 
09
M
 
10
T
 
11
W
12
T
 
13
F
 
14
S
 
15
S
 
16
M
 
17
T
 
18
W
19
T
 
20
F
 
21
S
 
22
S
 
23
M
24
T
 
25
W
 
26
T
 
27
F
 
28
S
29
S
 
30
M
 
 
Counter
total : 544846
yesterday : 031 / today : 022

Online Status

Profile
☆我が家のきまぐれフェアリーたち☆


Reo 【レオ】:2003.9.5生まれ♂

Roco【ロコ】:2004.5.31生まれ♀

Riz 【リズ】:2007.11.8生まれ♀
(レオとロコの愛娘、一粒種です)






O



・リズのお


 

~ハンドメイド~
  9/29  



My Yahoo!に追加



DLして観て下さいね。。。♪



☆音量に気をつけてくださいね。。。
きまぐれワンだ〜らんど
Menu

RSS & Atom Feed
きまぐれワンだ〜らんど
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
レオ・ロコ・リズ日記
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
仕事・家族日記
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
今日の出来事
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
ログハウス日記
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
気になるあれこれ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
どーでもいいようなあれこれ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!
2008/06/11 :: リズ・・・新たな治療
再入院から2週間が経った9日の月曜日、レントゲンに写ったメインの骨が何とかいい状態になってくれていることを祈っていましたが、残念なことに奇跡的な回復には至らず、補助骨 (名称が分からない)だけが辛うじて太く繋がっていることが確認出来ました。。。
4月26日に手術をしてからほぼ1.5ヶ月・・・骨は痩せていないし、骨折した左前足は床に着いてしっかり立ってくれているので骨の生成だけが思うように行かない。。。

退院して2週間を自宅で過ごしたことがメインの骨の生成を阻んだのかも知れないと疑わせるようなことも知って、あの時がターニングポイントだったのかも知れないと悔やんでみても今になってはそうであったかも、なかったかもは神のみぞ知るで何とも分かりません。。。

この状態をどう判断するかによってその後の回復に大きな影響が出ることを今日新たな治療を施して頂く外科専門医の説明でよく理解できました。。。

紹介状とリズの今までのレントゲン写真を持参して伺った外科専門医というのはレオの膝蓋骨脱臼の時にお世話になった岸上獣医科病院のことでした。。。

外科専門医ではかなり有名な[:病院:]で、リズのこの状態では専門医に任せるしかないとの判断で直接コンタクトを取って準備をして頂いたようです。。。

相変わらず岸上獣医科病院は込み合っていて、院長先生もお忙しく火、水、木の午前中にしかお出でにならないこともあって少しでも早くリズの様子を診察して頂きたいと、今日は大忙しの午前中でした。。。

ぱんだ動物病院は通常、10時からの診療ですが今日に限って9時30分に開けて頂き、入院しているリズを引き取り、費用の精算を済まし、必要書類を持って[:病院:]を後にしました。。。

1ヶ月以上も[:はさみ:]が出来ないで目の周りが被毛で覆われ、エリカラーも大概うっとおしいのに見通しも良くないと悲惨で可哀想過ぎるので、前日にTOUTOUさんにお願いして顔、目周りをスッキリして貰うようにお願いしていました。。。ついでにお尻周りもキレイにして頂きました。。。

大急ぎで[:はさみ:]を済ませ、岸上獣医科病院に着いたのが11時20分、案の定駐車場が満車でパパさんが待機する間、受付で提出書類一式を手渡して待つこと30分・・・

院長先生は顔を覚えてくださっていたようで、レオロコはお世話になっていてもリズは生まれて初めてなのでそれまでのことを話しながら、レントゲン写真を見て頂きました。。。

   !!$img2!!
結論から言うとリズの場合は骨を再生する為に、体の一部分から骨髄をとって幹細胞を培養して骨折した部分に注入することと併用して、血液の中の血小板が成長を促す働きをするらしいのでそれも注入する方法になるそうです。。。

!!$img3!!   
培養に1週間を要するのでその90%を注入、10%を更に培養して、90%を注入、10%を培養注入と3回にかけて働きかけるのだそうです。。。レントゲンにその効果が映し出されるのに3週間はかかるのだそうです。。。

何よりも2度の外科手術になるリスクを回避出来ただけでも良かったとホッとしています。。。


退院させられたと喜んでいる間もなく、新たな入院を強いられてリズにとっては辛いこれからの1ヶ月になりますが頑張って乗り越えて貰うしかありません。。。

[:病院:]まで近い距離では無いので今までのように毎日[:ごはん:]を届けることは出来ませんが出来るだけ面会に行きたいと思います。。。

かかる費用も決して安い訳ではなくても元気なリズの体に戻してあげる責任を感じて、パパさんいわく「お金で済むのなら、最善を尽くしたい」・・・同感です。。。

辛いことの間にリズも7ヶ月になりました。。。意識するとこんなに長いのかと感じさせる日々です。。。将来楽しいことがいっぱい待ってることを思うとしっかり治すのは今しかありません。。。

もう少しの辛抱、リズたん、頑張って[:!!:]

!!$photo1!!

完治して戻れるよぉ〜


all photo

Recent Diary

2008/06/28


ようこそぉ〜♪今週はパパさんの出張やらなんやらで忙しい週になりました。。。

リズが入院している病院の院長先生には火、水、木の午前中しかお会いできないので治療の様子や状態をお聞きしたくて出来るだけそれに会わせて面会することにしています。。。

080628_7.JPG今週は26日の木曜日に予定していました。。。その2日前の火曜日24日の4時過ぎに院長先生から電話1を頂きました。。。幹細胞培養が充分な数に至ったので1回目の注入を施して頂いたようです。。。リズの場合は初回培養に2週間かかったことになります。。。

岸上獣医科病院に転院する前にかかりつけの病院骨折手術をしたことは以前に書きました。。。骨を支えるピンを3本残したままの状態で転院したので幹細胞注入の時点で1本は既にぐらぐら状態で力を入れなくても抜けてしまったそうです。。。

080628_4.JPGかなりゆるんでいたことが骨にまで大きなを開けてしまっていました。。。支えていたはずのピンが中心から円を描くように動いてそのゆるみでが大きくなったようで、ピンを外すタイミングの難しさもあるようです。。。

しゃっ骨(何度も間違えてしまいました、補助骨のこと)は問題なく太く繋がって来ていても、とう骨(メインの骨の正式名称)が自己再生が出来ない限り2次的骨折が起き得る状態にあるリズなので幹細胞注入後、全てのピンを外してプレートで固定して頂いているようです。。。

080628_5.JPG顔を見るなり息せき切ったように狭いゲージの中で騒がしく動き回るリズを制しながら前回のお見舞いから1週間、大人しく入院していることが信じられないぐらい力強く元気で、その姿を見ると早く良くなって家へ連れて帰りたい思いに駆られます。。。

実は1回目の注入が済んだので一旦家へ帰って、通院の形で2度3度幹細胞注入治療も可能ですよと言われていました。。。

とんでも8分、歩いて10分、手術後の2週間をうちで過ごしたことを後悔してもしきれないバカ親だからこそ、それくらいの想像は出来ますから二度と同じ間違いを起こしたくない・・・絶対大人しく居られる環境ではありませんから、どうぞそのまま入院させて下さいとお願いしました。。。お願いしま〜す☆

080628_6.JPGリズが戻れる時はレオロコと一緒にじゃれて遊んでも大丈夫というところまで回復していなければ、これまでの治療は水の泡ってことになるのでそれだけは絶対避けたいと思っています。。。

その間にリズ8ヶ月の月齢を迎えることになるので少しは成長して病院で耐えることを学習して貰いたいと願っています。。。ロコ8ヶ月で始まったヒートリズもそろそろかなぁ〜とそれも気になるところです。。。

初回の幹細胞培養が少し遅かったので2回目3回目も遅くなるのかと心配して聞いてみましたらその心配はないようでこれから先の注入は1週間置きに予定通り行われるようです。。。やっとここまでたどり着いたかとの思いです。。。

お見舞い2


080628_2.jpg26日の2回目のお見舞いで偶然にも18日更新しました3歳の2箇所骨折してしまったお気の毒な男のコ、お名前はセナくんというそうです。。。時間帯も曜日も違ったのによくまたお会い出来たとビックリしました。。。セナくんは人懐っこい元気な男のコ、ホンの僅かな時間でしたが嬉しかったです。。。リズ同様、早く良くなってくれることを心からお祈りしています。。。080628_1.jpg
ちょっとだけ気持ちにゆとりが出きて今回はリズの写真を携帯電話カメラで撮ってみました。。。ホント、へたくそ、携帯電話カメラで普段撮らないのでボケボケ状態で〜す。。。

じっとしてくれないリズだから・・・のせいにしておきま〜す。。。それにセナくんの写真も撮れずじまいでした、残念!!撮れたとしてもボケボケだとイヤよねっ。。。困り
ふわふわプー【余談ですがココだけの話】ジャンプうさぎ


2箇所の病院にお世話になって感じたことがあります。。。どうしてぇ〜?

080209_14.JPGかかりつけの病院へは殆ど毎日お見舞いに行っていましたが、リズ目にはいつも黄色い目やにがつきっぱなし、それだけではなく私もドンくさくて気がつくのが遅かったんですがウンチがパリパリに乾いて足跡(犬)や足の被毛にくっついて取れなくなっていたこともありました。。。ましてや気になっていた耳掃除も出来ているはずもないので何だかいつもモヤモヤした気分でした。。。

(1)080207_13.JPG入院中の犬(プードル)にはそんなトータルケアーはしなくてもいいの!?飼い主としてはやんわり指摘はしたつもりでも改善は出来ていませんでした。。。もう少し気配りをしてくれてもよさそうなものなのに・・・ムキッ!

そんなこともあって転院するときに大急ぎでTOUTOUさんで大まかにでもキレイにして頂かないと居られませんでした。。。その節はお世話になりました。。。平謝り

お見舞い2

いつもありがとぉ〜♪ところが転院してから1週間に1度しか行けない岸上獣医科病院では耳掃除をして頂いた形跡があって、目やにもついていたことがないのです。。。ホントにスタッフ一同清潔にケアーして頂いて、安心してお任せ出来ると実感しました。。。来院の時だけキレイにしているのではとイジワルな見方も出来ますが、いつお見舞いに行くかは知らせていませんのでそんなことはあり得ません。。。うれしい顔

当たり前ではないのかと思うことがこんなにも違うなんて驚きです。。。ショッキング

こんなことでもない限り、比較しようもないことでしたが何気に大きな違いを感じてしまいました。。。ココだけの・・・

青虫♂
青虫♀ライン


posted at 2008/06/28 17:35:09
lastupdate at 2008/06/28 17:35:09
修正
 
2008/06/23


ワンコに男のコ服女のコ服を着せたい派?着せたくない派?賛否両論、いろいろあるとは思います。。。
1、2 フード付きパーカー(※袖のところにネームが入っています)
080623_5.jpg080623_6.jpg着せるなんてとんでもないと言われる方には何をや言わんかやでしょうが、私的にはとても存在感を感じてしまうものなのです。。。着せなくても充分存在感はあるよ!と言われればそれはそうなのですが「ひとしお」感じるところにこだわってしまうんですよね。。。

080623_8.jpg080623_7.jpg基本的に着せたい派なので、リーズナブルな既製服ならデザインサイズが豊富なので体に合っていればそれはそれで良いのですが、いつの間にか部分的にサイズが合わなくなって来るとどうにも見栄えがしないし、着せ甲斐も感じられなくなくなってしまいます。。。

3、4 レイヤードルック(※後ろ衿のところにネームが入っています)
080623_9.jpg080623_10.jpgサイズが大きければ貸衣装のようでダサイし、小さければ動きがぎこちなく苦しそうで可哀想だし、案外ピッタリサイズってバカに出来ないものだと失敗を重ねて学習したようなものです。。。
080623_12.jpg080623_11.jpgレオロコの体のサイズにあった男のコ服女のコ服を作ることに専念し出したら、男のコ服女のコ服を作ることが楽しくて気がついたらハマってしまってました。。。更に愛娘のリズにも同様に作って着せると可愛さ倍増で病みつきです。。。 (お転婆が災いして骨折で只今入院中)

5、6 タイガースユニフォーム (※ネームは入っていません)
080623_1.jpg080623_2.jpg新しい男のコ服女のコ服を作ることに夢中になるといつしかクローゼットが満杯、ハンガーが足らなくなる程多くの男のコ服女のコ服を作っていました。。。駄作もありぃ〜傑作あせりもありながらワンコ用ハンガーを確保するのも一苦労です。。。

080623_4.jpg080623_3.jpgたぶん、これからも作りたい男のコ服女のコ服はドンドン増えていくことでしょうから、その為にも一旦整理を試みることにしました。。。

7、8 ブラウス (※ネームは入っていません)
080623_13.jpg080623_14.jpgどうしても小さくて着せづらい男のコ服女のコ服のお下がりをリズ用にと思っていましたが骨折でしばらくはそれもままなりません。。。

新しく作り出すとお揃いで作りたくなったりするので結局は着ないままでタンスの肥やしになりそうな予感がします。。。それでは勿体無いので

ハートR  それならいっそのこと着てもらえるワンコちゃんに
着てもらおうと思いつきで決めました。。。
ハートB


080623_16.jpg080623_15.jpgどちらにせよ【サイズ限定】ということもあって着てもらえるサイズワンコちゃんだけが対象になるのでニーズがあるかどうかは気になるところです。。。

9、10 切り替えハイネックシャツ(※背中の上にネームが入っています)
080623_18.jpg080623_19.jpgネーム入りの男のコ服女のコ服もあったりするのでそれは更に【限定】になってしまいそうです。。。 「レオ」はオトコのコの名前では多い方でもREOではなくLEOである場合が多いのかも知れません。。。もし、ネームは気にならないとおっしゃる方がいらっしゃったらお譲りすることは可能です。。。

080623_21.jpg080623_20.jpg同じ名前でサイズもぴったりなぁ〜んて、そんなワンコちゃんがいればGoodタイミングなんだけどなぁ〜。。。

限定サイズに無理がなく、着せたいとお思いの方であればご遠慮なくメール(締め切りました)住所、氏名、TEL、希望するお洋服aAワンちゃんのことetcをお書き頂いてお申し込み下さい。。。お待ちしていま〜す。。。

11、12作務衣風浴衣 (※ネームは入っていません)
080623_17.jpg


(但し、先着順におひとり様1点、愛犬ワンコに着せる為の男のコ服女のコ服であること、着払い(時間指定あり)で発送させて頂きますので必ず受け取れる方に限ります。。。その他の費用は必要ありません。。。詳しくはメールにてご連絡致します。。。)

【第一弾:サイズ限定ガレッジセール品】・・・12点
ワンちゃんヌードサイズ表
(お洋服のサイズではありませんのでくれぐれもお間違えのないようにお願い致します。。。)


殆どが初期に作ったものなので全てサイズが小さくなってしまいました。。。ソーイングを始めたてで縫い方も雑なところも多々ありますが案外丈夫に作っているつもりです。。。よろしかったら遊び着の1枚に加えてくださいね。。。様子を見ながら締め切りとさせて頂きます。。。

posted at 2008/07/15 18:43:01
lastupdate at 2008/07/15 18:43:41
修正
 
2008/06/18


welcomeリズ岸上獣医科病院に転院してから1週間になります。。。

毎日どんな風に過ごしてるのか心配はしなくても気になって仕方がありません。。。

ごはんは食べてるかなぁ、大人しくしていてくれてるかなぁ、取り越し苦労かもしれないけれど傍にいないリズのことが頭から離れません。。。

080512_23.JPG

レオの時は2泊3日の短い期間でさえも顔を合わせると喜びや甘えを抑えきれなくてめいっぱい体で表現しながらも「なんでここに置いて行くの!と睨みつけるような表情をして訴えるであろうと想像が出来たので窓越しに気づかれないようにそーっと覗き込んで様子を伺うだけの辛い、寂しいお見舞いでした。。。かなしい顔

080618_4.JPGリズは今までのお見舞いからも分かるようにそんなレオ以上にテンションが高いので動きを抑制するのは至難のワザです。。。

今日は、毎日毎日お見舞いに行きたいけれど行ける距離でもないのでそこをぐっとガマンしての1週間、久々にリズの顔を見てきました。。。

元気なリズの様子を目に浮かべながら実は迷っていました。。。

080618_6.JPG今が肝心な時、むやみに興奮させるのもいかがなものかと思いながらも身近でリズに会いたい気持ちが半分と、そーっと様子を伺う「レオ方式」にした方がいいのか・・・

そんなどっち着かずの気持ちのまま、院長先生がいらっしゃる午前中にその後のことも気になっていたので病院に向かいました。。。

080618_8.JPG受付で「お見舞いに来ました」と診察券を出して、しばらくすると案内してくれるスタッフの後を着いて行きながら病室に入ってしまったので、どっちつかずの気持ちはなし崩し的に身近でご対面することになってしまいました。。。

内心嬉しいような、でも反面大丈夫なのか心配でもある複雑な思いで、しばらくぶりのリズの元気さに戸惑いながらも顔をさすり、ペロペロ攻撃を受けながらホッと安心する瞬間でした。。。

入院中の食は相変わらず細いようなので、いつもの「うちごはん」を全てフードプロセッサーにかけて寒天を溶かして混ぜ、冷蔵庫で固めたものを食べやすいようにさいの目切りにして持って行きました。。。

お見舞い

レオロコに試食をしてもらったら「Good、テイスト!とは言わないけれど美味しそうに食べてくれたので大丈夫でしょう。。。3〜4食分位なのでその後また食べないことにならなければいいけどなぁ〜とそれも気がかりなことです。。。

080618_2.JPG病院の待合室でリズと同じように骨折した犬(プードル)ーちゃんがいました。。。3歳の男のコ、ソファーの後ろ側からジャンプしたらしく行きつけの病院では手術が出来ないと他の病院で行ったもののやはり骨の生成が遅く、それが促されるまで待つ治療を選択されたようです。。。

080618_7.JPGそれがいつの間にか既に自分で生成される力を失っていたようで、ようやく骨髄の幹細胞注入治療にこぎつけ遅いながらも骨が生成し始め喜んでいた時に、活発な男のコなので何かの拍子にピンが外れてしまい同じ右前足の違うところの骨を骨折してしまって、1箇所ではなく2箇所になってしまい再度骨髄治療を施しているということらしいのです。。。

080618_5.JPG何とも痛ましい出来事にお気の毒で返す言葉もありません。。。2次的事故のことも十二分に考え、気をつけないといけないってことなんですね。。。

まだ骨折治療の最中ながら既に8ヶ月にも及んでいるとのこと、費用も治療日数も半端じゃない状況で一日も早く良くなるようにと願っておられる様子でした。。。ヒトゴトではないので頑張って乗り越えて頂きたいと思いました。。。


080618_3.JPG只今、リズ骨髄の幹細胞を培養しているところだそうです。。。個体差があるようなので培養には少し時間がかかりそうです。。。

今日のレントゲンの様子から、しゃ骨(補助骨と言っていましたが)は1週間前より更に太くなってくっつき方も上々ですが、肝心要の骨に何か良い変化が起こってくれているかと期待を込めて撮って頂いたようですが変化は見られませんでした。。。

お見舞い

「慌てる乞食は貰いが少ない」
(あわてることは失敗のもと)と、
ことわざにもあるように、リズの場合は長い目で見守るしかなさそうです。。。ファイト!!



posted at 2008/06/18 23:14:57
lastupdate at 2008/06/18 23:14:57
修正
 
2008/06/11


再入院から2週間が経った9日の月曜日レントゲンに写ったメインの骨が何とかいい状態になってくれていることを祈っていましたが、残念なことに奇跡的な回復には至らず、補助骨 (名称が分からない)だけが辛うじて太く繋がっていることが確認出来ました。。。
(1)080222_5.JPG4月26日に手術をしてからほぼ1.5ヶ月・・・骨は痩せていないし、骨折した左前足は床に着いてしっかり立ってくれているので骨の生成だけが思うように行かない。。。

退院して2週間を自宅で過ごしたことがメインの骨の生成を阻んだのかも知れないと疑わせるようなことも知って、あの時がターニングポイントだったのかも知れないと悔やんでみても今になってはそうであったかも、なかったかもは神のみぞ知るで何とも分かりません。。。

(1)080303_6.JPGこの状態をどう判断するかによってその後の回復に大きな影響が出ることを今日新たな治療を施して頂く外科専門医の説明でよく理解できました。。。

紹介状とリズの今までのレントゲン写真を持参して伺った外科専門医というのはレオ膝蓋骨脱臼の時にお世話になった岸上獣医科病院のことでした。。。

(1)080301_3.JPG外科専門医ではかなり有名な病院で、リズのこの状態では専門医に任せるしかないとの判断で直接コンタクトを取って準備をして頂いたようです。。。

相変わらず岸上獣医科病院は込み合っていて、院長先生もお忙しく火、水、木の午前中にしかお出でにならないこともあって少しでも早くリズの様子を診察して頂きたいと、今日は大忙しの午前中でした。。。

(2)080312_2.JPGぱんだ動物病院は通常、10時からの診療ですが今日に限って9時30分に開けて頂き、入院しているリズを引き取り、費用の精算を済まし、必要書類を持って病院を後にしました。。。

1ヶ月以上もはさみが出来ないで目の周りが被毛で覆われ、エリカラーも大概うっとおしいのに見通しも良くないと悲惨で可哀想過ぎるので、前日にTOUTOUさんにお願いして顔、目周りをスッキリして貰うようにお願いしていました。。。ついでにお尻周りもキレイにして頂きました。。。

大急ぎではさみを済ませ、岸上獣医科病院に着いたのが11時20分、案の定駐車場が満車でパパさんが待機する間、受付で提出書類一式を手渡して待つこと30分・・・

院長先生は顔を覚えてくださっていたようで、レオロコはお世話になっていてもリズは生まれて初めてなのでそれまでのことを話しながら、レントゲン写真を見て頂きました。。。

080512_14.JPG   リズ・・・新たな治療

結論から言うとリズの場合は骨を再生する為に、体の一部分から骨髄をとって幹細胞を培養して骨折した部分に注入することと併用して、血液の中の血小板が成長を促す働きをするらしいのでそれも注入する方法になるそうです。。。

リズ・・・新たな治療   080512_15.JPG

培養に1週間を要するのでその90%を注入、10%を更に培養して、90%を注入、10%を培養注入と3回にかけて働きかけるのだそうです。。。レントゲンにその効果が映し出されるのに3週間はかかるのだそうです。。。

何よりも2度の外科手術になるリスクを回避出来ただけでも良かったとホッとしています。。。

080611_3.JPG

退院させられたと喜んでいる間もなく、新たな入院を強いられてリズにとっては辛いこれからの1ヶ月になりますが頑張って乗り越えて貰うしかありません。。。

病院まで近い距離では無いので今までのように毎日ごはんを届けることは出来ませんが出来るだけ面会に行きたいと思います。。。

かかる費用も決して安い訳ではなくても元気なリズの体に戻してあげる責任を感じて、パパさんいわく「お金で済むのなら、最善を尽くしたい」・・・同感です。。。

辛いことの間にリズ7ヶ月になりました。。。意識するとこんなに長いのかと感じさせる日々です。。。将来楽しいことがいっぱい待ってることを思うとしっかり治すのは今しかありません。。。

もう少しの辛抱、リズたん、頑張って!!

リズ・・・新たな治療

完治して戻れるよぉ〜


posted at 2008/06/11 23:14:25
lastupdate at 2008/06/11 23:14:25
修正
 
2008/06/04


とうとう梅雨梅雨に入ってしまいました。。。

「ドッグラン&セカンドハウス」予定地の敷地調査を依頼してから日程の調整を行った結果、昨日3日(火)朝9時から始めて頂く事になりました。。。

かすかな”光”が・・・

1週間前からお天気が気になり週間予報がことごとく外れて30日からの太陽予想がずれにずれ込んで激しい雨が続き、この分だと当日は絶対太陽れるに違いないと思っていたらまんまとそれにも裏切られ、挙句の果てに梅雨入り宣言までされてしまった日だなんて、なんとまぁ〜ついてないこと・・・

080604_2.JPGどうしてこんなにお天気が気になったかというとゲセワな話ですが、太陽が出ていない場合は、真北測定調査は別の晴れの日に行なわれることになり、その場合、見積書に明記してありますように、12,500円の真北測定調査費が25,000円になりますのでご了解下さい。。。とのご連絡があったからです。。。少しでも費用が嵩まないことを願っていましたが・・・羽のはえたお札

何といっても自然のなせるワザなのでどうしょうもないっちゃぁ〜ないのですが、そんな中でも半日かけて測定やら地盤調査をして頂けるということで朝からなかなか止まない雨模様のなか見ておきたいと現地に行って来ました。。。高速道路も事故渋滞で込み合っていたこともあって11時頃に到着しました。。。車

080604_3.JPG既に姫路の専門会社の方々が3名、雨カッパ姿で作業をされていました。。。さすがにGWもここに来れていないこともあって雑草も随分伸びていました。。。 「草刈機がいるなぁ〜」とパパさんボソリ・・・

空は明るくなりながらも雨は止む気配がなく、1日中こんな降ったり止んだりが続くのかなぁ〜と思いながらレオロコもぐずりだし、居ても作業の邪魔になるだけなので30分もしないうちにその場を後にしました。。。

080604_8.JPG帰る道すがら、雨が止んで明るく太陽の”スパーク”がさし始めるかのような様子にひょっとして太陽が出てくれるかもと、まだゲセワな理由を引きずっていました。。。半日かかって調査されるのであれば可能性は無くはないなと大いなる期待をしてしまいますが、その結果は調査に基づいて書類を作成、1週間後の請求書が届いてからの「答え」になるんでしょうね。。。

line


昨日もいつものように夕ごはん持参でリズのお見舞いに行って来ました。。。再入院して1週間、余分な動きをしないで過ごした1週間でどんな変化があったのか・・・レントゲン結果を見たいような、見るのが怖いような、久々にドキドキしてしまいました。。。ドキドキハート

かすかな”光”が・・・

たった1週間なので大きな期待は出来ないだろうと思いつつ、全く変化が無かった前回のショックに追い討ちをかけられることも辛い、少しでもいいから良くなっていて欲しいと願いました。。。お願い

080512_8.JPG080604_5.JPGレントゲンの結果はまず、前回同様骨は痩せていないということと、わずかながら生成を始めているらしい骨が・・・”スパーク2”が見えて来ました。。。でもこれはかなり遅い状況で、小さい犬(プードル)はそういうことが多いらしく前足骨折には泣かされるとのお話です悲しい

080604_6.JPG080512_9.JPG4本のピンのうち1本金属疲労を起こして抜いたらしいので、今は3本のピンで止まっている状態のようです。。。お見舞いに行く度両手で抱えてもじっとさせることが困難なのでそんなことも関係して1本折れるようなことになったのかと思うと顔を合わすことも難しい、スタッフの方に抱かれてじっとしているリズとは全く別もので、身内と分かるだけで暴れだすことを抑止出来ないし、させようにも無理です。。。

080604_7.JPG今までのようにお顔お耳お目めをキレイに拭いてあげたいので、これからはごはんを届けるだけになるかも知れません。。。かなり辛いことですがもう少しの辛抱ですね。。。

2ヶ月もすれば固定しているピンも緩んでくるので外さないといけないらしく、それまでに著しい変化が起きて都合よく外しても大丈夫というところまでに回復するかが問題です。。。

080604_4.JPGとにかくもう1週間続けて入院して、順調に骨が生成してくっついてくれることを祈りながら、その様子を見ながら、他の方法として「再生治療(医療)」専門病院で行うかということです。。。

毎日お見舞いに行きながら心のなかはなぜかいつも雨くもり状態でしたが、わずかでも”スパーク2”が見えて来たような、元のリズに戻せるならどんな治療でもしてあげたい。。。

かすかな”光”が・・・

個体差はあって当たり前、骨が痩せていないことを幸いにトンネルの先に”スパーク2”が見えてきたぁ〜!! (山本高弘の織田裕二のものまねで・・・)

posted at 2008/06/04 23:34:26
lastupdate at 2008/06/04 23:34:26
修正